福岡で人気のAGAクリニック

 

≪福岡版≫薄毛治療(AGA治療)のクリニック選びハンドブック

 

福岡で人気のAGAクリニックでは血液検査などによって原因を特定してから、体質や生活習慣にあわせてサプリメントをオーダーメイドしたり、頭皮の血行を良くするためのマッサージなども行われるので、皮膚科に通うよりも効果的に薄毛治療をすることができるのですが、皮膚科に比べると費用が高いので毎月3万円程度の医療費が負担できる場合には人気のAGAクリニックに通うことができます。

 

通常の皮膚科ではAGA治療薬が一種類だけ処方されますが、薄毛の進行を止めることができても発毛する確率が低いので、髪の毛の本数を増やすのが難しいとされています。

 

しかし福岡で人気のAGA専門クリニックなどでは、2種類の治療薬を用いて効果的な治療が行われるので、半年以上治療を続けると発毛する可能性があります。またオーダーメイドのサプリメントは、カウンセリングなどで生活習慣を把握して作られるので、不足している栄養素を十分に補うことができるので、健康で太い髪の毛を増やすことができます。

 

マッサージは頭皮の血行を良くするために行われますが、頭皮の柔軟性を高める効果が高いので、血液の流れが改善されて質の良い髪の毛が生えやすくなります。健康な髪の毛を増やすためには生活習慣の改善も重要で、とくに睡眠は成長ホルモンの分泌を促すので、髪の毛の成長には欠かすことができない要素となっています。

 

専門のクリニックで治療を行っても睡眠時間が短いと効果があまり実感できない可能性があるので、医師の指導にしたがって生活習慣を改善することは非常に重要です。

 

遺伝的な要素も関係しているとされているのですが、治療薬を服用すると髪の毛の成長を阻害する物質の働きを抑制することができるので、効果的に薄毛を改善することができます。遺伝的な要素が強いと感じたら、早めに人気のAGAクリニックなどを受診して適切な治療をすることで、将来的な薄毛を防ぐことができるので、前頭部などの薄毛を毎日チェックする必要があります。

AGAルネッサンスクリニック福岡院

 

≪福岡版≫薄毛治療(AGA治療)のクリニック選びハンドブック

 

福岡市中央区に、AGAルネッサンスクリニック福岡院というところがあります。こちらは、薄毛治療に効果的とされている、内服薬や外用薬、メソセラピーなどの薬剤を用いての治療や、自毛植毛治療、補助的治療法にあたるレーザー育毛や頭皮マッサージ、シャンプーなどの、3つの薄毛治療法を提供しています。これらの、3つの治療法を提供しているクリニックは少ないようです。
AGAルネッサンスクリニック福岡院では、訪れた患者さんの薄毛の状態にあわせて、適切な治療を行うために3つの治療法を組み合わせて提案しています。これによって、患者さんの薄毛の状態が改善される人が多くみられています。また、AGAルネッサンスクリニック福岡院の院長は、世界の中でもトップクラスになる薄毛治療専門の医師になります。数多くの学会において、毛髪や植毛に関する発表や講演を行っており、高い評価を得ている医師になりますので、豊富な知識と高い技術で人気のAGAクリニックとなっています。

 

AGAルネッサンスクリニック福岡院には、ARTASという世界で唯一となる植毛ロボットが導入されています。皮膚を切開することなく毛根を採取することが可能となっており、良い結果が期待されるものになります。また、毛根に成長因子を注入して発毛を促してくれる、スマートメソHRという治療法があります。痛みを感じることが少ないもので、発毛の効果を実感されている人が多いようです。内服薬も、患者さんの薄毛の状態にあわせて処方されますので、AGAルネッサンスクリニック福岡院で薄毛治療を行えば、最適な治療法を医師が提案してくれることでしょう。

 

AGAルネッサンスクリニック福岡院は、九州と山口県以外の他の地域から足を運ばれる方に、交通費サポート制度を設けています。この制度を利用されたい方は、ホームページに詳しく掲載されていますので、参考にされてはいかがでしょう。AGAでお悩みの方は、まずは無料での医師のカウンセリングを受けられてはいかがでしょう。

福岡でこれからAGA治療を受ける場合、2通りのクリニック選びがあります。

 

≪福岡版≫薄毛治療(AGA治療)のクリニック選びハンドブック

 

とりあえず医薬品だけ処方してもらいたい人と、本格的な治療を希望している人と分れるはずです。プロペシアやミノキシジルといった医薬品を入手して、治療を開始したい人は、普通のクリニックでも医薬品は処方されます。ミノキシジルは薬局でも購入できますが、プロペシアは医師との対面販売になっていますので、クリニックに行かなければなりません。最近脱け毛が気になる人は、まず相談してみると良いでしょう。

 

問題は本格的な治療を開始したい人です。頭皮が見えている状況であれば、本格的な治療が必要になります。プロペシアやミノキシジルはもちろん、別の角度からのAGA治療も必要になるでしょう。とりあえず医薬品だけ欲しいといった人のように、通常のクリニックでは対処できないことが多く、AGA専門クリニックを選ぶ必要が出てきます。クリニック独自に開発した医薬品や、毛髪再生医療として注目を集めている、頭皮に直接注射をするタイプの治療方法もあります。効果は高いですが、費用がその分高くになります。

 

AGA治療において、自分が続けることができる治療を選ぶことがとても重要です。費用を支払えなくなったから、治療を止める人も多く、そのようなことがおきてしまうと、せっかく効果が出た頭髪はまた悪化してしまいます。自分が続けられる治療を選び、何よりも続けることが重要です。

 

保険診療ができないことから、個人輸入で医薬品を購入する人が増えています。医薬品になりますので、副作用には注意しなければなりません。医療費を抑えるために、個人輸入を利用したい気持ちは理解できますが、自分が服用できる体であるのかを確認することがとても大切なことです。始めてAGA治療を受ける人は、まずクリニックで診断を受けるようにしましょう。自分の判断で医薬品を服用しないように、まずは専門家に見てもらうことが大切です。

AGA遺伝子検査についての解説

 

≪福岡版≫薄毛治療(AGA治療)のクリニック選びハンドブック

 

AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。この検査は脱毛の原因と治療方法を見極めるのに非常に役立つ遺伝子検査です。

 

脱毛の原因は、体質、遺伝やホルモンなど生まれ持った先天的なものから、睡眠や食事等の生活習慣に至るまで、さまざまな原因があげられます。この遺伝子検査を受ける事によって、脱毛の原因が、男性ホルモンが原因であるAGAであることを確定診断することができ、さらに代表的な治療薬であるフィナステリドの感受性、AGAを発症するリスクを判定することで、有効な治療法を探す事が出来ます。

 

具体的な検査方法としては、まず口内粘膜から試料を採取して専門機関において培養し遺伝子配列を測定。2週間程かけてCAGリピート数を解析してフィナステリドによる治療効果を、GGCリピート数の解析により、将来的にAGAを発症するリスクについて判定します。

 

人間のDNAは一生変化することはないので、一度受けるとその結果は生涯変わることはありません。ただし、AGA遺伝子検査によってAGAを発症するリスクが高いと診断されても、必ずしも発症するというわけではありません。遺伝による発症の影響はおおよそ70〜80パーセントといわれているので、並行して生活習慣やストレスなどに対する改善のアプローチもしていく必要があります。

 

フィナステリドには脱毛を抑制する効果がありますが、毛が太くなったり、発毛や育毛に効果があるわけではありません。よって、遺伝子検査によって治療薬が効きづらいという診断が出てもあきらめる必要はありません。大切なのは発毛・育毛しやすい環境をいかにして作り上げるかということなので、結果を見てから、治療方針をシフトチェンジしていきます。なかにはフィナステリド感受性が低いと診断されて人に対しても予防的な処方をしているクリニックもあるので、一概に効果がないとは言い切れません。

近年、女性男性型脱毛症と呼ばれるFAGAに悩んでいる女性が増加傾向にあります。

 

≪福岡版≫薄毛治療(AGA治療)のクリニック選びハンドブック

 

 FAGAは更年期を迎えた女性に多くなると言われていますが20代や30代の女性でもFAGAを発症する可能性があります。原因としては無理なダイエットや栄養不足、仕事や人間関係などのストレス増加、睡眠障害、貧血などが挙げられます。特に若い女性は無理なダイエットをすることが多く、それに加えて生理などで貧血に陥り薄毛を発症してしまうことが多いと言われています。このような原因で薄毛になる理由として女性ホルモンが関係しています。ホルモンバランスが崩れ女性ホルモンの働きが男性ホルモンの働きに負けてしまうと薄毛の症状が現れます。

 

 FAGAの症状にはT型からX型に分類することができ、この分類はルートヴィヒ分類と呼ばれています。T型は正面から頭頂部にかけて全体的に薄くなっている状態のことを言います。U型はT型と比較して脱毛症の範囲が拡大している状態です。V型は男性型脱毛症に似た症状で正面方脱毛の範囲が後退している状態です。W型は毛包が破壊されて怪我生えてこない状態です。X型脱毛症は薬剤やホルモンバランスの異常などが原因になり脱毛症になってしまった状態のことを言います。

 

 FAGAの治療方法としては一般的に薬を投薬して症状を改善させます。しかし、男性が使用するようなプロペシアや抗アンドロゲン薬は使用できないためミノキシジルを使用して血行促進効果により発毛を促すことになります。また、薬だけでなく、薄毛の原因となっている無理なダイエットを中止したりストレス解消なども行う必要があります。薬のほかにサプリメントの摂取なども治療のベースとなります。FAGAは男性型脱毛症に比べて治療しやすい脱毛症なので、ストレスを溜めずに栄養バランスのとれた食事、規則正しい生活、適度な運動をすることによって改善することができます。しかし、改善しない場合には育毛剤や育毛合いサプリメントも使用することがあります。