HARG(ハーグ)療法を解説

 

最新の薄毛治療法?HARG療法の特徴とは?

 

AGA(男性型脱毛症)でお悩みの方におすすめしたい治療として、HARG(ハーグ)療法があります。HARG(ハーグ)療法とは、発毛率は約90パーセント以上と言われており、比較的発毛スピードは速く、3〜4ヶ月で徐々に発毛実感を得ていき、半年程度で見た目に発毛をしていることが分かるようになります。

 

具体的な治療法は、頭皮に直接、約150種類以上もの成長因子AAPEやビタミン類、アミノ酸などの栄養素を成分とするHARGカクテル(ビタミンB、ブフロメシル、システィンなど)を注入し、毛周期のサイクルを正常に戻していくことで、発毛を促進させるAGA治療にも効果的な毛髪再生治療です。

 

HARGカクテル注入の方法はさまざまで、注射針でダイレクトに注入する「パピュール法」や、レーザーで皮膚に小さな穴をあけて浸透させる「フラクショナルレーザー法」、または、医療用のローラーを使用してHRAGカクテルを浸透させる「ダーマローラー法」などがあります。

 

発毛後に治療を中断しても、発毛は持続しますし、1年に1〜2回程度の定期的なメンテナンスを行えば、さらに効果が持続します。

 

治療費用は、クリニックによって異なりますが、 6か月程度の治療期間で、6回約15万円前後となります。HARG(ハーグ)療法が、多くの方に人気となっているのは、投薬治療などとは違って、治療効果に大きく個人差がないということや、男性だけでなく加齢に伴って髪の毛が細くなっていく女性の薄毛にも効果があるという点です。

 

最近では、極力痛みを伴わないように、針を使用しないノンニードル浸透注入などもありますので、痛みに弱いという女性の方でも治療を受けやすくなっています。発毛効果を実感するスピードも速いうえに、植毛の手術などと比較すれば、かなりお手頃な価格で発毛を期待することができますので、多くの薄毛や抜け毛でお悩みの方から注目されているAGA治療法となっています。