ヘアサイクル(毛周期)とは??

 

AGA治療前に知っておいたほうが良いヘアサイクルの話

 

自分の体にコンプレックスや悩みを持つ人は非常に多くいますが、その中でも、特に男性に多く見られる悩みの一つが頭髪に関わるものです。

 

薄毛や抜け毛などの悩みは、中高年の男性だけでなく、最近は比較的若い世代の人にも見られる物となってします。こうした薄毛や抜け毛の症状は、AGAと呼ばれており、その原因の一つとして男性ホルモンが深く関わっているとされています。

 

男性ホルモンは本来育毛に必要な物ですが、5αリダクターゼと呼ばれる酵素の一種が男性ホルモンと結合することでジヒドロテストステロンと呼ばれる物質に変容してしまいます。

 

このジヒドロテストステロンによって、正常な育毛を阻害されてしまうため、AGAの症状が引き起こされてしまいます。

 

人間の髪の毛が正常に生えるのは、ヘアサイクルという周期が深く関与しています。ヘアサイクルは髪の毛を生やすだけでなく、古くなった毛を抜け落ちさせ、新しい物に生え変わらせる働きも持っています。正常なサイクルが保たれていると、たとえ毛が抜けてしまっても新しい毛が生えてくるので薄毛になってしまうことはありません。

 

しかし、ジヒドロテストステロンが生成されてしまうと、このヘアサイクルの周期を狂わせてしまい、新しい毛が生えるのを阻害してしまいます。

 

そのため、AGA治療をおこなうのであれば、まず乱れてしまったヘアサイクルを正常なものに回復させることが重要になります。ジヒドロテストステロンの生成を抑制する方法として有効なのが、5αリダクターゼが男性ホルモンに結合するのを防ぐことです。

 

そのため、AGA治療では5αリダクターゼの働きを抑制する薬剤が広く使用されています。薬剤の投与を続けることでヘアサイクルが徐々に元の状態に戻り、髪の毛を生やす力を回復させることが出来ます。

 

また、これ以外に、毛を生やす毛包細胞に十分な栄養や新鮮な血液を供給することも非常に大切です。そのため、頭皮環境を整える治療を併用することでより効率的なAGA治療を行うことが可能となります。