ミノキシジルについて

 

AGA治療薬ミノキシジルの特徴を教えて!

 

AGA治療薬「ミノキシジル」とは、そもそも、製薬会社が血管拡張剤として開発した成分であり、後になって、副作用として発毛効果が見られたため、頭皮への発毛として転用されるようになりました。

 

ミノキシジルには、AGA(男性型脱毛症)治療の効果がある薬として、国内で認められた数少ない成分のひとつとされています。毛髪の根幹となる毛乳頭の周辺にある毛母細胞を直接的に活性化させたり、髪の毛の発毛や成長を促進させるという効果があるとされていますが、効果があるとされるのは、AGA(男性型脱毛症)の症状である頭頂部の薄毛に対してのみで、生え際などが後退してくるいわゆるM字ハゲには効果がないといわれています。

 

ミノキシジルには、外用薬と内服薬がありますが、服用する方が効果が高いとされています。ただし、内服薬の場合には、もともとが高血圧の治療薬であるということから、血管を拡張させて血圧を下げるという作用があります。

 

そのため、心臓への負担や動機なども考えられますので、心臓に欠陥がある方や心配な場合には、必ずかかりつけの医師に相談をする必要があります。また、そのほかの副作用として、個人差はあるものの性欲の減退などの副作用が出る場合があります。

 

ホルモンバランスが何らかの影響を及ぼしていると考えられていますが、今のところ原因ははっきりしていません。次に、体毛が濃くなるという場合があります。そもそも本来の副作用ですので当たり前のことではありますが、すね毛や胸毛などが濃くなったという報告もあるようです。外用薬の場合には、副作用の報告はほとんどありませんので、安心して使用することができます。

 

ただし、含有量が多い場合には、頭皮のかゆみや炎症などがみられる場合がありますので、最初は少量ずつ使用していくことをお勧めします。万一、かゆみや炎症などがみられる場合には、すみやかに使用を中止し、専門の医師の診断を受けるようにしましょう。