男性に多い抜け毛と薄毛に悩むひとのなかには、自らが原因を作っているひとも多いです。

 

薄毛とタバコ・お酒には何か関係があるのか?

 

たとえば、抜け毛や薄毛に関係が深いのがお酒やタバコです。

 

習慣的に毎日行っているひとも多いですが、こういった習慣が薄毛を作りだしていることもあります。
お酒やタバコが大好きだという男性も多くおり、大きな関係性といったものがあることを知っておいてほしいです。

 

まずはお酒ですが、お酒は適度に飲めばストレスなどを解消できるものとしてよいのですが、その度を越えてしまうと健康を害することもあり危険です。
正しい生活習慣は、抜け毛といったことにも関係しており、飲酒によって食欲をなくし食事をとらなかったり、睡眠不足になってしまうことがあれば、それによって抜け毛が増えてしまうことがあります。

 

ほかにも、体内に入ったときのお酒のメカニズムによって、大量のアミノ酸やビタミンを消費することもあり、髪に必要な栄養が足りなくなってしまいます。
こういった栄養の奪われは、深刻な薄毛や抜け毛に影響を与えることがわかっています。
実際に髪に必要な亜鉛などの栄養の摂取や睡眠をしっかりと取ることで、抜け毛や薄毛が改善されたひとも多くいるようです。

 

続いて、タバコについてです。

 

タバコにはニコチンが含まれており、それによって毛細血管が収縮しますから、その結果当然末梢の血流が悪くなり、これが抜け毛を増やす原因になる可能性があると言えます。

 

毛細血管が収縮するということは、毛細血管の血流が悪くなってしまうことを意味します。
髪が作られるメカニズムには必ず、毛細血管から栄養が運ばれてくるといったことが重要です。

 

血管のつまりなども含め、血流が悪くなってしまえば、栄養がうまく届かず髪がやせ細り、抜けやすい毛を作ってしまいます。
それが続けば、抜け毛が増え結果的に薄毛になります。

 

お酒とタバコといった習慣が、実は薄毛の原因だったということもあるので、改善したいと思ったひとは、摂取の節度を持つなどして習慣を変えていくことが大事といえます。