つむじ周辺の髪の毛が薄くなりつむじハゲになる場合もあります。

 

つむじハゲの原因を知ろう!

 

つむじハゲの原因には、血行不良によるもの、ストレスからくるもの、食生活、喫煙などさまざまなものがあります。つむじハゲになる前に抜け毛を予防していくことが大切です。

 

頭皮には血液が循環しながら栄養を運んできます。その栄養が髪の毛に行き渡ることで健康的な髪の毛を維持するできるわけです。しかし、血行不良により栄養がうまく届けられない事態が起きてしまうと、髪の毛が栄養不足を起こしてしまい、その結果、抜け毛が増えてしまいます。喫煙をしている方は、タバコを吸うことで血管の収縮などが起きてしまうため、これも血行不良の原因になりますので、できるだけタバコは控えるようにしましょう。

 

また、ストレスが溜まることでホルモンバランスが不安定な状態に陥ってしまうと男性ホルモンが過剰分泌した際に髪の毛にも悪影響がでてしまい抜け毛増加の原因になります。

 

生活習慣を改善し、規則正しい生活をして食生活で栄養をしっかりと補うことで抜け毛予防になるでしょう。
抜け毛を予防することにより、すでに薄毛状態の場合には、見た目を改善するために薄毛対策をする必要もあります。

 

薄毛対策をするためには、増毛や植毛などをすることで、薄くなった髪の毛にボリュームを与えたり、髪の毛を生やします。
人工毛を使って髪の毛のボリュームを出す増毛では、処置してもらうことですぐに髪の毛のボリュームを出すことができます。ですが、人工毛の調整や髪の毛が不自然にならないようカットなどをしてもらうために、定期的なメンテナンスを受ける必要があります。

 

植毛の場合、自毛植毛という方法を使うことで、薄毛になった部分に自分の後頭部などから毛根を取り、それを移すことでそこから自毛を生やしていくことができます。ただし、増毛と違うのは髪の毛が伸びるまでは髪の毛のボリュームが出せないため、生えそろうまでそれなりの時間がかかってしまうことになります。
増毛、植毛共にメリットやデメリットがありますが、自分の生活スタイルや希望に合わせた薄毛対策をすることが大切です。